コンパクトピッツァ窯

HOTERES JAPAN 2016 REPORT

2016 2/16〜 2/19 TOKYO BIG SIGHT

コンパクトピッツァ窯が鮮烈デビュー。

「魅せる窯焼き」を目の前で。
「カフェの常識を変える」をコンセプトに開発された、タイガーの電気式コンパクトピッツァ窯。この商品を導入すれば、ビジネスチャンスが広がることをカフェや喫茶店の関係者様に実感していただきたい。そんな思いで、お披露目の場に選んだのが「国際ホテル・レストランショー」です。
44回も開催されているこのイベントは、ホテル・旅館・外食・給食サービスのための合同展示会です。出展業者は800社を超え、国内外から注目が集まります。
今回は2016年2月16日(火)〜19日(金)の日程で東京ビッグサイトにおいて開催され、来場者数は55,000人を超えました。
コンパクトピッツァ窯

木目調の柱に囲まれ、思わず覗きたくなるような、独自の存在感のあるブース。
実際に、柱の隙間からピッツァ窯をご覧になり、そのコンパクトさに驚いていたお客様も多くいらっしゃいました。

コンパクトピッツァ窯

ブースの中央部には、イタリアンカフェレストランを彷彿とさせるカウンターを配置。
その上に、ピッツァ窯を置くことで、店の奥ではなく、魅せる窯であることをアピール。

コンパクトピッツァ窯 ピッツァ窯

焼き上がりの度にお客様の歓声が。
ライブ感がお客様の視線を集める。

窯を置くカウンターも工夫。180°回転できる仕掛けを施し、ピッツァを焼いている窯の中の様子から焼き上がりまで、お客様にご覧いただきました。

コンパクトピッツァ窯

カウンターやお客様の目の前で焼く「魅せる窯」だから窯外部も熱くならない工夫を施しています。イベントでも焼いている最中に窯の上部を触り、温度を確認するお客様もいらっしゃいました。

コンパクトピッツァ窯

試食していただいたピッツァは生生地から伸ばし手作りしたマルゲリータピッツァ。
ホテルレストランショーでも一枚一枚丁寧に作り上げております。

コンパクトピッツァ窯

生生地から作ったピッツァを焼き上げる時間は2分半。窯に投入してタイマーをセットするだけで喫茶店やカフェが忙しい時間帯でも、簡単に本格ピッツァを焼き上げることが可能なことを実演しました。

コンパクトピッツァ窯

より多くの人に味わっていただくために、約25cmのピッツァを16ピースに切り分け4日間で延べ4,000人のお客様にご提供しました。ナポリピッツァ特有の外はパリッと中はもっちりした生地のおいしさを実感していただけたと思います。

コンパクトピッツァ窯 ピッツァ窯

ブース内はお客様でいっぱい
「魅せる窯」の魅力と高い注目度。

「魅せる窯」に興味を持った方や、ピッツァの焼きあがる香りに誘われてブースの中はお客様で溢れ注目度の高さがうかがえました。

コンパクトピッツァ窯

ブースを訪れたお客様の年齢層は30代、40代の方が外食関係者中心に宿泊関係者など様々なお客さまがブースに足を運んで頂きました。

コンパクトピッツァ窯

特にお客様が注目された点はコンパクトなサイズと家庭用100Vでの仕様。省スペースや低ランニングコストが魅力。

コンパクトピッツァ窯 ピッツァ窯

窯で焼き上げるスイーツメニュー。
ティータイム時の窯活用法もご提案。

コンパクトピッツァ窯は、喫茶店やカフェで一日を通してフル活用していただける商品。
ホテルレストランショーでもオープンアップルパイをご試食頂きました。

コンパクトピッツァ窯

10cmの食べきりサイズのアップルパイを一度に4枚入れても3〜5分で焼き上がります。

コンパクトピッツァ窯

今回は、より多くのお客様に行き渡るよう、1枚を4ピースに切り分け、試食していただきました。

マスコミも注目!コンパクトピッツァ窯の実力

まずは、外食産業関連の雑誌や書籍を出版している柴田書店の取材を受けました。
コンパクトピッツァ窯の仕組みや、ピッツァがおいしく焼けるポイントなど、技術面について質問されました。
記者の方の自宅に手作りピッツァ窯があり、比較すると、コンパクトピッツァ窯で焼いたほうがおいしいと話してくれました。

次に取材されたのは、食と料理の出版社である旭屋出版からです。カフェのビジネススクール カフェズキッチンとコラボしたカフェメニューの開発・提案について質問され、概要を説明しました。

このように、マスコミ各社もコンパクトピッツァ窯に関心を寄せています。

コンパクトピッツァ窯
コンパクトピッツァ窯
コンパクトピッツァ窯
コンパクトピッツァ窯
コンパクトピッツァ窯
コンパクトピッツァ窯

カフェの常識が変わる!手応えを感じた4日間

4日間でのべ4,000人のお客様に、コンパクトピッツァ窯で焼き上げたピッツァやアップルパイを試食していただきました。
試食されたお客様がお話されている会話を聞くと、おいしさはもちろん、生地を回す必要がない手軽さや、2分半という焼き上がりの早さに興味を持っていただいたようです。

そのほか、100Vの家庭用電源が使用できるので余分な設備投資がない点や、お店のカウンターに置くことで愛らしいビジュアルがアイキャッチになる点に注目されている方もいました。

さらに、試食いただいたお客様に実施したアンケートでは、実際に導入したい、導入を検討したいという声が多数ありました。 反響はとても大きく、ピッツァ窯の実力が十二分に伝わった4日間になったと思います。お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

商談希望はこちら ご購入はこちら